グルコバイとベイスンの違い

糖はエネルギーを生み出すうえでとても重要となる栄養分となっています。
しかしこの糖分が多くなってしまうと毒性を表すようになってしまいます。
これを糖毒性と言います。
したがって上手につきあっていかなければいけないのです。
糖尿病とこの糖毒性は大きな関係があります。
糖尿病ではこの糖毒性を抑制するために血糖値を下げると言うことが行われています。
その毛と売りを下げる薬として使われているのがグルコバイやベイスンなのです。
グルコバイは食後の急激な血糖の上昇を抑えることができます。
その作用は腸からの炭水化物の消化吸収をゆっくりと抑えると言うことになります。
インスリン分泌の節約を行うことができるので、膵臓に負担をかけると言うことがありません。
しかしインスリンを介する直接的な血糖値低下作用がないので、単独での使用は効果が薄くなっています。
血糖降下薬と併用することが多いです。
この他にベイスンという薬もありますが、これも血糖値を下げる効果がある薬となっています。
このグルコバイ ベイスン 違いですが、グルコバイはグルコシダーゼだけではなくアミラーゼに対する阻害作用も持っていますしかしベイスンはグルコシダーゼの活性を阻害することができますが、アミラーゼには影響を与えないようになっています。
したがってグルコバイの方が少し効果が強くなっています。
同時に副作用も出やすくなっているというのが特徴です。
副作用としてはおなかが張るやガスがたまる、下痢や腹痛などがあります。
ごくまれにですが肝機能障害があることもあります。
これらの薬は健康保険適用となっているので、糖尿病という病名の人には処方ができるようになっています。
基本的には1日3回食事の前に服用となっています。

肥満治療薬の成分につていはこちら→オーリスタット